初投稿になります。
ユーチューバーといえばあのHIKAKIN氏が先に思いつくと思いますが、そのHIKAKIN氏が最近入所した事務所、uuum(ウーム)があります。

なぜ大手ユーチューバーはuuumに入所したのか、理由を考えてみます。

 1.個人だと手間が掛かる
大手ユーチューバーは絶大な影響力を持っています、そこに目を付けた企業や団体が自社の製品やサービスを紹介して欲しい(所謂ステマとかタイアップ)願いを出します。 ユーチューバーはそれに”自分”で返信し、”自分”でギャラ等を考え、どう宣伝紹介するかを”自分”で考える必要があります。
動画制作も楽では無いでしょうし、宣伝動画だらけにならないよう違う趣向の動画を撮る必要もあります。
全て、個人で行っていると作業効率が鈍り、企業からのお願いを断らざるを得なくなったり、動画のクオリティが低くなる可能性が出てきます。 
そういった場合の、企業とユーチューバーの橋渡しを行うのがuuum(ウーム)です。
企業からの依頼を全てuuumが処理し、uuumはユーチューバーに依頼の詳細を伝えそれをユーチューバーが動画にするワケです。
ユーチューバーの負担が減り、効率よく依頼や動画制作を行える、という事ですね。


2.外部での活動のしずらさ
大手ユーチューバーは確かに絶大の影響力を持っていますが、それもネットの中だけ。(一部を除く)
外で何かをしたい、イベントを建てたい、 他企業とのコラボを行いたい、そういった場面が出てきても、個人だと会場の準備や企業との連絡もままなりません。 
そこに、uuum株式会社という企業が仲介する事で、円滑に会場の予約や企業との連絡も行う事が出来ます。

3.無料音源、素材集、動画制作サポート
どこぞやのフリー音源を使用していては、普遍的な効果音、BGM等で動画の面白さが半減してしまう場合があります。、
uuumでは、所属ユーチューバーにオリジナル無料音源や素材集等を提供しており、他の投稿者と効果音やBGMが区別化できますし説明欄に制作サイトを明記しなくても大丈夫になります。
また、uuumには動画制作に長けているスタッフがおり、ユーチューバーの動画制作をサポートしてくれるらしいです。

以上の点からユーチューバーが ユーチューバー事務所 uuum(ウーム)に入るのは当然ですね。 
まぁ、かなり前にもMCNという団体?がいて、uuumのような活動を行っていたのですが、どうも契約不履行や度重なる失敗をしていてあまり評判を宜しくなかったですねぇ…
今はどうなっているのか分かりません。
 
これからもYouTubeは発展していくと思いますし、ユーチューバーはもっともっと活動の幅を広げいずれはテレビにバンバン登場するようになり、知らない人がいない状態になるかもしれないですね!

これからも、動画を視聴しながら見守って行きたいです(゚∀゚ )